Skip to content

Sound Therapy Session

愛の周波数528hz
サウンドセラピー
セッション

NEWS

Sound Therapy Session​

愛の周波数
528hz
サウンドセラピー
セッション

受付再開しました

愛の周波数 528Hz

 

528Hzとは、1秒間に528回の振動数を持つ周波数を指します。ドを、この周波数に調律すると豊かな倍音に包まれた、今まで聴いたことの無い音の世界が広がります。ソルフェジオと言って「愛の周波数」「奇跡の周波数」などと呼ばれるものです。インターネットで「528hz音楽」と検索すると様々なアーティストが演奏した楽曲があります。

わたしは、最初からこの528hzの倍音を奏でるために作られた『真琴』(必然のような偶然で本名と同じ名前)という楽器で音を奏でることで行うセラピーをしています。

いっせつでは、壊れたDNAを修復するとも言われます。実際に528hzのサウンドは、特に生で体験すると気持ちよく、身も心も癒やされる力があると、わたしは確信しています。

その心地よさを、わたしのサウンドセラピーで、是非、体験してください。

下の動画では、お寺の境内で奏でた録音を、さらに「頭部伝達関数 HRTF」演算テクノロジーを使ってリミックスしたサンプルです。生音には劣りますが、お確かめください。

施術の流れ

森羅万象の母なる水

古今東西の文化で水は浄めの象徴として、神聖なエレメントとして大切にされてきました。

もっと水を大切にして「いたわる心」を持てば、地球とわたしたちは共に「いたわりながら生きていける」と思います。

このアルバム『いたわりの水』は水にまつわる特別な場所(神社、お寺、井戸など)への巡礼で感じた、個々に違うエナジーからイマジネーションを得て表現した楽曲が収められています。

施術風景

お申込み方法

makoto_home003

活動

Activities

『癒やしのライブ配信』と名付けてFacebookでヴァーチャル・ライブを配信しグローバルな評価を得ています(また、現在は新型コロナの影響で難しいですが)定期的にリアル・コンサートを開催しています。

山形の出羽三山、羽黒山伏最高位の「星野文紘 先達」のご指導のもと「音霊の祈り人」として、神社仏閣、被災地での復興支援活動の一環として祈りのセッションを行っています。

また、イベント出演、雑誌取材、NHKのドキュメンタリー番組出演取材などお受けしています。

サウンドセラピーの個人セッションでは、『真琴』のソルフェジオ周波数528hzをメインとした音を体内へ共振共鳴させ、カウンセリングで感じ取った心の模様をピアノ即興演奏で表現し、気づき癒しに導きます。

Facebookページ、YouTubeチャンネル、Instagramではいずれも『真琴ハートオブゴールド』のスペースで『癒しのライブ配信』がご鑑賞いただけます。

全国誌『セラピスト』
「音」セラピー特集で
ご紹介して
いただきました

TherapistWoody00003_DxOs
TherapistWoody00001_PS

「音」によるヒーリングセラピーの特集では、近年類を見ない素晴らしい企画です。取材者と出演者の総力が結集した内容になっていますので、是非、お読みください。Amazonロゴからリンクが貼ってあります。

MAKOTO
Heart of Gold

瞑 想 曲

Sound Therapist

サウンドセラピスト

真琴

MAKOTO

人生の転換期に 
音にインスピレーションを感じ
同じ名の楽器「真琴」と出逢い
全くできなかった即興演奏
『音を使った表現』
できるようになりました
そして
自分の本質と向き合ったいま
『どう在りたいか』
『どう生きたいか』
そして、息をひきとるその時に
『どう逝きたいか』
常に問いかけています

癒しは祈り
祈りは癒し

makoto_home002

Voices of the audience

お客様の声

「真琴」を我が子のように優しく抱いて、語りかけるように演奏する姿に、優しい気持ちになりました。
万物が調和で成り立っているこの世界、何かが欠けてもダメ、自分に不要なものを除外してもダメ。全ての共存を望もうと思ったコンサートでした。
数ヶ月前、心と身体もボロボロになりました。そこから、真琴さんの個人セラピーを受け、今とてもハッピーに生きています。新たな自分へ応援のメッセージをありがとうございます。いつも寄り添ってくれて、コンサートを開いてくれて、嬉しいです。
TESTIMONIALS

プロフィール Profile

サウンドセラピスト 真琴

 幼少よりピアノを修練した。仙台出身。東日本大震災の後、ピアノ即興演奏をするようになり、さらに自身と同じ名の楽器『真琴』に出会い被災地や、神社仏閣で、魂を癒すための奉納演奏をはじめた。定期的にピアノと真琴の演奏でソロコンサートを開催しているが、2020年から新型コロナウィルスの猛威で外出自粛となり「Facebook Live」で『癒しのライブ配信』をはじめ現在も続けている。2021年7月現在、そのフォロワー数は4万人を超え、今も増え続け、世界中からファンが彼女の演奏を聴くためにアクセスしている。

Soundtherapist MAKOTO

She practiced the piano from an early age. She is from Sendai, Miyagi prefecture, Japan. She began to improvise on the piano after the “Great East Japan Earthquake.” She has encountered the musical instrument “Makoto” with the same name as her name, and began dedication performances to heal the souls of people, both alive and dead, in the disaster areas and shrines and temples. She regularly holds solo concerts with Piano and Makoto performances. However, from 2020, people could not go out due to the influence of COVID-19. So she started her “Healing Live Streaming” on “Facebook Live” and continues to do so. As of July 2021, its her followers have exceeded 40,000 members and are still growing, with fans from all over the world accessing the live to watch to her performances.

出演・取材のご依頼